事業案内

町おこしインターネット番組「ヨロスト」

1.ヨロストとは?

Yoro Streamを略してヨロストです。 岐阜県養老町の若返りと活性化を目指す町おこしのインターネット番組です。 2012年5月より毎週水曜日にツイキャスやYoutuveLiveにて世界へ向けて配信しております。
また、2013年10月より、町内のCATV局のご協力を頂き、オンエアした放送のアーカイブをCATV(養老町内のみ放送)にて 毎週土日23:30~24時に放送されます。

2.ヨロストの発足
2012年2月、岐阜県岐阜市の広告代理店㈱プラドが運営するUstream番組「10時に終わります!2」に、 養老町在住の吉田圭吾、竹内蘭の2名がMCとして出演。この番組は、週替わりでMCが担当し、月間の視聴数が一番悪いMCがクビになるというMC生き残りバトルを 企画としたトーク番組です。
吉田圭吾は火曜日、竹内蘭は水曜日を担当し、数ヶ月間、MCとして活躍しました。
この番組の責任者である㈱プラドの山本氏より、Ustreamの配信方法や番組運営のノウハウなどを教えて頂き、 生まれ育つ町である養老町の為に町おこしのUstream番組を始めることを決意し、2012年5月より町内の 若手有志によりヨロストが発足しました。

3.ヨロストの配信スタイル

機材やネタなどは、全てヨロストメンバーの手弁当です。それぞれが、機材や知恵やネタを持ち込み配信しております。
番組内には、ニュースコーナー、クイズコーナー、チャレンジコーナー、ゲストコーナーが存在し、様々なコーナーを 設けることにより、視聴者様に飽きられない番組作りを目指しています。また、ヨロストには、元テレビ番組制作会社に勤めていた経験のある養老町民が所属し、町内のイベントのロケなども 行い、番組内ではお出掛けカメラ「ヨロカメ」コーナーとしても放送しています。

4.ヨロストの実績

2017年3月末日現在、これまでの定期配信は170回を数え、合計視聴数は54,780名を越え、順調に視聴数を延ばしています。 また、地元CATVや新聞社からの取材も受け、少しづつ番組の知名度も広がっています。
また、2013年9月には、今まで町民有志のボランティアで運営していた番組をNPO法人化し、より行政や地元企業と 協力しながら、これからも魅力的な番組作りと配信を続けて行きたいと思います。

2013年8月28日岐阜新聞朝刊社会面_1

5.今後の目標

番組発足時からの目標である「養老町の若返りと活性化を目指す」という点で、町内だけで盛り上がるだけではなく、 町外在住でも、養老町が好き…昔は養老に住んだことがある…など、養老町に縁のある世界中の人にご覧頂き、実際に 養老町に観光に来て頂いたり、養老町を少しでも知って、応援して頂けるとありがたいと思います。
また、だれでも自分の住んでいる町が活性化して欲しいと願っています。
ただ、活性化とは願っているだけでは実現できません。また、一部の人間だけが頑張っても実現できません。
ヨロストのメンバーが町のために頑張っているから、出来ることから少しでも町の為に頑張りたいと言う気持ちを持って 頂き、何かアクションを起こして頂くことが真の活性化に繋がると思い、これからも毎週1回の配信を続けて参りたいと 思います。

DSC_6223DSC_6113

婚活事業「ヨロ婚」

男女の真面目な出会いの場を創出しつつ、養老町の魅力を発信する婚活事業(イベント)を開催します。 DSC_3481 DSC_3369

ひょうたん文化の活性化事業「食用ひょうたん苗販売会」「ひょうたん絵付け教室」等

養老町の名産品でもある「ひょうたん」をもっともっと世界中へ広めようと、様々なひょうたん文化の活性化事業を行っております。
▽これまで開催した主な活動
・幼保育園や養老公園などでの「ひょうたん絵付け教室」と「ひょうたんの歴史のお話会」の開催
・食用ひょうたん苗の販売会
・清流国体イベント会場にて食用ひょうたん試食会の開催
・食用ひょうたんを使った料理のレシピ開発
・2017年6月開催予定の全日本愛瓢会の総会・展示会(岐阜養老大会)の招致活動
・養老町瓢箪品評会の会場でのワークショップ開催
DSC_6541 DSC_5416